· 

漬物に色んな調味料を使うと美味しくなります

漬物 材料 漬物カフェ
みそ漬の調味みその材料です

漬物カフェでは、色々な調味料を使います。

 

例えば、みそ漬コーナーでご紹介している調味みその材料は以下の通りになります。

 

みそ       -------------------        1Kg

 

水あめ      -------------------        340g

 

味の素                -------------------        50g

 

みりん風調味料   ------------------        200ml

                  

砂糖         -------------------        200g

 

酢          -------------------        50ml

  

料理酒                -------------------        100ml

 

白だし                -------------------        75ml 

 


結構めんどうですが、それぞれ役割があるんです。簡単に上記のレシピで説明します。

 

みそ漬ではまずみそがメインの材料になりますね。好みで米みそ・麦みそ・合わせみそなどお好みで選べます。

 

まずは水あめです。みそ結構固く、塩分が高い(約10%)ので、水あめを混ぜることで調味みそを柔らかくし、甘味も足します。

さらに、漬物に照りを加える効果があります。

 

味の素はご存知のとおり、グルタミン酸ナトリウムという旨味調味料です。加えることで、旨味が格段に増します。

食品添加物になりますので、抵抗がある方は入れなくてもいいと思います。

 

みりん風調味料は漬物に照り、甘味を加えます。

 

砂糖は漬物に甘味をつけるのですが、水あめ・みりん風調味料とは違った甘味を加えます。

実は同じ甘い材料でも甘味の感じ方が違うんです。だから、色んな甘味材料を加えることで単純な甘さにならずに、奥深い甘さになります。

 

酢は少量加えることで、漬物の味を引き締めます。みそ・甘味材料だけでは調味みその味がだるい感じになります。酢の酸味が調味みそ味のだるさを解消し、ほどよくまとめてくれます。

ただし、調味みその場合は入れ過ぎると酸味が強くなるので、あまり酸味を感じない程度に加えます。

 

料理酒は調味みその臭み取りと、雑菌の増殖の抑制が期待できます。

 

白だしは調味みその旨味を加えます。

 

以上、調味みその材料の役割の説明でした。

かす漬・しば漬・しょう油漬等でも色んな調味材料を使用していますが、大体同じような役割になりますね。

関連ページ

 

かす漬け  しば漬け  しょう油漬け