· 

べったら漬と三五八漬はどう違うの?

べったら漬け 漬物カフェ
べったら漬のイメージ写真です

米麹を使った漬物にべったら漬と三五八漬がありますね。

 

このサイトで「簡単べったら漬」のコーナーを作る際に思ったんですけど、この2つの漬物の違いは何でしょうか?

 

そもそも、漬物は農林水産省の「農産物漬物の日本農林規格」で細かに分類・規格が決まっています。

 

参考URL http://www.maff.go.jp/j/kokuji_tuti/kokuji/k0001017.html


米麹 漬物カフェ
米麹のイメージ写真です

この規格ではべったら漬や三五八漬の分類はなく、「農産分こうじ漬け類」と大まかな分類があるだけです。

 

つまり、べったら漬も三五八漬も同じ麹漬けになりますね。どちらの漬物も「こうじ床」を作って、材料を漬けます。

 

べったら漬は米麹を発酵させてから、砂糖・みりんでこうじ床を作るのに対して、三五八漬は食塩・米麹・蒸米で作ったこうじ床を使います。(三五八漬の名前の由来は食塩・米麹・蒸米が3:5:8の割合でこうじ床を作っていましたが、現在は塩の割合は低くなっていると思います。)

 


塩麹漬 漬物カフェ
塩麹漬のイメージ写真です

また、べったら漬はこうじ床に大根を漬けますが、三五八漬は大根・胡瓜・人参など色々な野菜を漬けます。

 

三五八漬はぬか漬とよく似ていますね。

 

まとめ:べったら漬と三五八漬の違いはこうじ床の作り方と・漬ける野菜が異なることでした!

 

最近は塩麹が浸透して、塩麹で作る漬物もよく見かけます。

 

塩麹漬けも米麹を使用しているので、こうじ漬けの分類に入るんですかね。

 

漬物カフェでも塩麹の風味を生かして「簡単べったら漬」のコーナーを作りました。