らっきょうの甘酢漬

―らっきょう漬の定番です  ―


らっきょう漬は泥付きらっきょうから作ると、泥洗いや皮むきなどのらっきょうの下処理にとにかく追われます。

 

直漬けでいろんな種類のらっきょうを作りたくても、調味液を作る暇はありません。

 

そこでまずはらっきょうを塩漬にして保存を効かせます。保存用に作ったらっきょうの塩漬を塩抜きして、いろいろな種類のらっきょう漬を作ります。

 

このページでは定番の甘酢漬を作ります。


らっきょう漬の調味液を作りましょう!

―甘酢漬の調味液です ―

らっきょうの甘酢漬で用意して頂く物・レシピ

らっきょうの甘酢漬け レシピ 漬け方 漬物カフェ
らっきょうの甘酢漬の材料です(写真はイメージです)

砂糖            -------------------          200g 

 

酢                 -------------------          500ml

 

唐辛子               -------------------          3本(お好みで) 

 

保存用の容器 

 

※味付け等はお好みで調整して下さい。

 

※唐辛子は種を抜いておきます。

 

※調味液の材料は軽くひと煮立ちさせます。

 

※あまり煮立てると、酢の風味が飛んでしまうので注意します。

 

※ひと煮立ちしたら、調味液を冷ましておきます。



漬込み前の下準備

― 塩漬の塩抜き―

らっきょう塩漬のを塩抜きします

らっきょう漬け  漬物カフェしそ梅酢漬け 漬物カフェ
らっきょうの塩漬を用意します

塩漬メニューのコーナー作ったらっきょうの塩漬は塩度が高いためとても食べれません。

そこで、たっぷりの水で塩抜きを行います。この工程を脱塩と呼びます。

 

まずは食べる分だけの塩漬を用意します。多く漬けても結構ですが万が一失敗したときはもったいないので、なるべくその都度食べる分だけ作りましょう。


らっきょう塩漬け 塩抜き レシピ 漬物カフェ
らっきょうの塩漬で茎部が長いと塩が抜けません

 

らっきょうの塩漬の茎部が長すぎると塩分がなかなか抜けません。


らっきょう塩漬け 塩抜き レシピ 漬物カフェ
食べやすく、きれいな長さで茎部を切ります

そこで、食べやすく、きれいな長さになるように茎部を切ります。

 

※茎部が短い場合は切らなくて結構です。

 

 


らっきょう塩漬け 塩抜き レシピ 漬物カフェ
写真のように茎部を切り分けます

写真のように茎部を切り分けます。

 

これで、塩抜き時に塩分が抜けやすくなります。


らっきょうの塩漬け 塩抜き 漬物カフェ
たっぷりの水で塩抜きします

塩漬らっきょうの茎部を切って長さを調整したら、たっぷりの水で塩抜きします。

 

らっきょうの漬かった状態や気温にもよりますが、1~2日程度塩抜きします。

 

たまに軽く混ぜたり、水を入れ替えて下さい。

 

塩気が少し残っている程度まで塩抜きします。


らっきょうの塩漬け 塩抜き 漬物カフェ
塩気が抜けたら、軽く洗って水気を切ります

らっきょうの塩気が抜けたら、軽く洗って水気を切ります。

 

これで、らっきょうの塩漬の塩抜きが出来ました!

 

らっきょうの茎部を切ったので、らっきょうの重量は減っています。



らっきょうを漬け込みます

― 最後の仕上げです ―

脱塩したらっきょうと調味液を合わせます

らっきょうの甘酢漬け らっきょう漬 レシピ 漬物カフェ
塩抜きしたらっきょうと調味液・保存容器を用意します

塩抜きしたらっきょうと調味液・保存容器を用意します。

 

保存容器はアルコール等できれいに消毒しておきます。

 

今回は塩抜きらっきょうの重量は400gでした。


らっきょうの甘酢漬け らっきょう漬け レシピ 漬物カフェ
容器にらっきょうを入れて、調味液をたっぷり注ぎます

容器にらっきょうを入れて、調味液をたっぷり注ぎます。

 

唐辛子もお好みで入れます。

 

冷暗所で1ヵ月程度保存すればらっきょうの甘酢漬の完成です!

 

調味液が余った場合は胡瓜の酢の物などに使えますよ。


らっきょう漬け らっきょう甘酢漬け 土付きらっきょう レシピ 漬物カフェ
きれいに盛り付けましょう!

1か月程度漬ければ味がなじんで食べられます。

 

3ヵ月目くらいからはよく漬かって美味しくいただけます。

 

冷蔵庫での保管をおすすめします。一年中、美味しくいただけます。