簡単たくあん漬(白色)

― 米ぬかで作ります ―


大根 塩漬け 簡単たくあん漬 漬物カフェ
写真は簡単たくあん漬のイメージです

このコーナーでは「たくあん漬」の簡単な漬け方をご紹介いたします。

 

たくあん漬は本来大根を干して、ぬか床に漬け込む方法が主流でした。いわゆる干したくあん漬です。

 

しかし干したくあん漬は歯ごたえは良いのですが、現代人には固すぎる風潮もあり、最近では塩漬した大根をたくあん漬にした物が好まれます。このたくあん漬を塩押したくあん漬といいます。

 

このコーナーでは塩押したくあん漬を作ってみます。

 

漬込みは下漬(塩漬)と本漬(味付け)の2工程で行います。


簡単たくあん漬 作り方 製造工程 漬物カフェ
           簡単たくあん漬の製造工程です

左図は簡単たくあん漬の製造の流れです。

 

まず、塩漬してから米ぬか・砂糖等で味付けを行います。

 

塩漬から完成まで約1週間かかりますが、意外と簡単に漬けることが出来ます。

 

今回は米ぬか・砂糖等でさっぱりした塩押したくあん漬を作ってみます。

 

ポイントは下漬け時にしっかりと大根に重石を効かせることです。

 

是非、お試しください!


簡単たくあん漬で用意していただく物

たくあん漬 下漬 塩漬 材料 漬物カフェ
写真はたくあん漬の材料です
たくあん漬け 漬物カフェ
皮をむいて、切っておきます

今回は大根を2本用意しました。

 

大根の皮をむいて、漬物タルに入る長さに切っておきます。


大根 たくあん漬け 作り方 漬物カフェ
簡単たくあん漬の下漬(塩漬)の材料です

大根              ---------------        2本(皮をむいて約3Kg )

 

塩             ---------------        150g 

              (大根に対して約5%の塩)

  

酢       ----------------       100ml

 

塩水      -------     400ml(水400mlに塩12g溶かす)

                  

漬物用プラスチック製のタル・蓋

 

重石(写真は8Kg型)・きれいなビニール袋

 

タル・蓋・ビニール袋・重石は大根・容器の大きさに合わせてご用意下さい。

 

※重石は大根に対し最低2倍程度のものを用意しまょう。



まずは大根を下漬します

― ここでしっかりと塩漬します ―

下漬をします

簡単たくあん漬 下漬け 漬物カフェ
①底部に軽く塩を振り、大根を敷き詰めます

大根・タルはよく洗っておきます。

 

塩を漬けやすいように今回は2つに分けます。

底用(3分の1=約50g)、上部(3分2=残りの塩約100g)に大体で結構ですので、あらかじめ分けておきます。

 

大根も大体でよいので、2つに分けておきましょう。

 

タルの底に軽く塩をふり、大根を敷き詰めます。

 

底用の塩50gを大根に振ります。(写真①)


塩漬 大根の塩漬け 簡単たくあん漬 漬物カフェ
②残りの大根を敷き詰めて、上部用の塩をふります

残りの大根をタルに入れて、上部用の塩100gを大根にまんべんなく振りかけます。(写真②)


簡単たくあん漬 塩漬 下漬け 漬物カフェ
③ビニール袋・フタをかけ、重石を乗せて塩水を注ぎます

大根の上にビニール袋を敷いて、蓋・重石を乗せます。

 

塩水と酢を混ぜた差し水をタルの脇から少しずつ注ぎます。

(写真③)

 

冷蔵庫等(冬は冷暗所)で2~3日間下漬けします。

 

途中、大根が良く漬かって、塩水が上がってきたら軽い重石に変えて下さい。

 


下漬け 簡単たくあん漬 漬物カフェ
④写真は下漬け3日後の大根です

写真④は下漬け3日後の大根の状態です。

 

少ししなっとなっています。

 

これで大根の下漬(塩漬)の完成です!



簡単たくあん漬の調味液を作ります

― 市販のたくあん漬風の調味液を作ります ―

簡単たくあん漬の調味液・レシピ

簡単たくあん漬漬 調味液 味付け 漬物カフェ
⑤簡単たくあん漬の調味液の材料です

米ぬか     -------        150g

 

水あめ             -------        340g(市販の水あめ1パック分)

 

酢                   -------        100ml 

 

砂糖        -------         60g

 

昆布      -------         1切れ(10㎝×10㎝)

 

塩       -------          5g

 

みかんの皮   -------          5g(乾燥した物)

 

輪切り唐辛子  -------          適量

 

※みかんの皮はお好みで入れます。ゆず皮でも結構です。

※塩漬の塩分が少々高い場合は、塩は入れなくて結構です。


簡単たくあん漬 漬け方 漬物カフェ
⑥材料をよく混ぜ合わせます

材料をよく混ぜ合わせます。(写真⑥)

 

昆布は5㎜幅くらいに切っておきます。



漬込みをします

― 完成までもう少しです! ―

大根の塩漬に調味液を加えます

簡単たくあん漬 漬け方 漬物カフェ
⑦下漬した大根とたくあん漬調味液を用意します

下漬した大根と簡単たくあん漬の調味液を用意します。

(写真⑦)

 

今回は、下漬大根が2.2Kg 、たくあん漬調味液が約660gで漬け込みします。


簡単たくあん漬 作り方 漬け方 漬物カフェ
⑧下漬大根を調味液にまぶしならビニール袋に入れます

簡単たくあん漬の調味液は固いので、下漬け大根に1本ずつよく調味液が付くようにまぶしなら、ビニール袋に入れていきます。


簡単たくあん漬 漬け方 漬物カフェ
⑨調味液が均等に大根に付くように、ビニール袋の上から押しなべます

大根をビニール袋に入れた後も、調味液が均等に大根に付くように、ビニール袋の上から押しなべて下さい。

 

空気が入らないように口を閉じます。(写真⑨)

 

冷蔵庫で袋を寝かせ4~5日保存します。

 

浸透圧が少々高く、よく漬かるので1日ごとにビニール袋を裏表返して下さい。


簡単たくあん漬 漬け方 漬物カフェ
⑩味付けして4日後のたくあん漬です

写真⑩は味付けして4日後の簡単たくあん漬です。

 

漬込み中は毎日ビニール袋の表裏を返しました。

 

大根の水気が出ているのが分かります。

 

よく漬かっていて、柔らかくほのかに米ぬかの風味がする、たくあん漬に仕上がりました。


簡単たくあん漬け 漬物カフェ
⑪昆布・輪切り唐辛子等をそえると、いっそうたくあんの色が引き立ちます

これで、簡単たくあん漬けの完成です!

 

米ぬかの色が少しだけうっすらと付いています。

 

一緒に漬けた昆布・みかんの皮・輪切り唐辛子をそえると、いっそうたくあんの白色が引き立ちます。

 

きれいに盛り付けましょう!



大根の漬物関連リンクページ

大根のみそ漬け 味噌漬 漬物カフェ
大根浅漬 塩漬 漬物カフェ
即席 甘酢大根漬・梅酢大根漬
大根キムチ カクテキ 漬物カフェ
甘酢大根・梅酢大根漬 漬物カフェ