生姜のしょうゆ漬

―優しい味のしょうゆ漬です  ―


保存用に作った塩漬を水で塩抜きして、本格的な姿漬のしょうゆ漬を作ります。ここでは生姜の塩漬を姿漬にして調味しょう油で味付けをします。きれいな紫色の姿漬ですので、盛り付けた時の見た目が綺麗に仕上がります。


生姜のしょうゆ漬の調味液を作りましょう!

―定番の調味液を使いま  ―

生姜のしょうゆ漬で用意して頂く物・レシピ

生姜 生姜漬 生姜のしょうゆ漬け レシピ 塩漬 漬物カフェ
①生姜のしょうゆ漬の材料です(写真はイメージです)

パリパリしょうゆ漬と同じ調味液を使います。

 

 

しょう油     -------------------        90ml

 

白だし      -------------------        50ml

 

ほんだし(粉末) -------------------        5g 

 

味の素                -------------------        12g

 

みりん              -------------------        25ml

                  

砂糖         -------------------        45g

 

酢          -------------------        25ml

  

料理酒                -------------------        5ml

 

塩                      -------------------        10g

 

唐辛子      -------------------        適宜(今回は3本)

 

水        -------------------        250ml

 

保存用の容器

  

保存用の容器

 

※味付け等はお好みで調整して下さい。

 

※材料をよく混ぜてください



漬込み前の下準備

― 塩漬の塩抜き ―

塩漬を塩抜きします

生姜 塩抜き 古漬 塩漬 漬け方 漬物カフェ
②生姜の塩漬を用意します

塩漬メニューのコーナー作った生姜の塩漬は塩度が高いためとても食べれません。

 

そこで、たっぷりの水で塩抜きをします。

この工程を脱塩と呼びます。

 

まずは食べる分だけの塩漬を用意します。

 

多く漬けても結構ですが万が一失敗したときはもったいないので、なるべくその都度食べる分だけ作りましょう。

 

姿漬の塩抜きは塩分がなかなか抜けません。

 

 

そこで、爪楊枝等で何か所か穴を開け塩分が抜けやすいよいうに加工します。(写真②)


生姜 生姜のしょうゆ漬け 塩抜き 塩漬 漬物カフェ
③たっぷりの水で塩抜きします

たっぷりの水で1~2日程度塩抜きします。

 

1~2時間おきに水を替えれば速く塩抜きができます。夏季と冬季では塩分の抜けるスピードがかなり違いますので、味見しながら塩抜きをして下さい。(写真③)

 

塩抜き中に味見をして、ほとんど塩気がないかな?位でちょうどいい塩加減です。

 

胡瓜などは、塩抜きが終わったら重石等を軽く乗せて圧搾し水分を押し出しますが、生姜は胡瓜等に比べてあまり水分が多くないのでそのまま味付けします。 



水気を切った塩漬を漬込みます

― 最後の仕上げです ―

塩漬と調味液を合わせます

生姜 生姜のしょうゆ漬 古漬 塩漬 漬け方 漬物カフェ
④水気を切った塩漬と調味液等を保存容器に入れます

生姜の塩漬の水気を切って、調味液、容器を用意します。

 

容器の大きさで調味液の量は調整して下さい。(写真④)

 

生姜の塩漬の塩抜き加減がぶれる場合がありますので、調味液をたっぷりと入れた方がぶれに左右されにくくなります。


生姜 生姜のしょうゆ漬け 完成 漬物カフェ
⑤きれいに盛り付けましょう!

1ヵ月程度経てば生姜のしょうゆ漬の完成です!(写真⑤)

 

お弁当のおかずや、おにぎりの具材にも最適です!

 

姿漬は切った見た目が断然綺麗です!お皿にお洒落に盛っていただきましょう!

 

スライスしたり、千切り・みじん切りにして、お好み焼き・たこ焼き・ラーメンの薬味にもお使いいただけます。

 

きれいな生の新生姜があれば、スライスして調味液につけると早く漬かります。