さっぱりしそ梅

―低塩のしそ梅です  ―


昔ながらのしそ梅よりも低塩のさっぱりしたしそ梅をご紹介いたします。赤紫蘇の風味と白梅酢の酸味、そしてみずあめの爽やかな甘さが特徴のしそ梅です。


さっぱりしそ梅で用意していただく物・レシピ

梅漬 梅干し しそ梅 減塩 漬け方 漬物カフェ
①しその梅材料(写真はイメージです)

味の素                -------------------        10g

 

白梅酢              -------------------        150ml

                  

水あめ        -------------------        340g

又は砂糖     -------------------        250g

 

料理酒                -------------------        50ml

 

水        -------------------        300ml

 

赤紫蘇の塩漬  --------------------        200g

 

保存用の容器

 

 

白梅酢は梅の塩漬のコーナーで作った物を使用します。

 

赤紫蘇の塩漬は赤紫蘇の塩漬のコーナーでつくった塩漬を使用しますが、手元にない場合は市販の赤紫蘇の塩漬で結構です。

 

赤紫蘇以外の材料をよく混ぜておきましょう。(調味液★)

 

白梅酢がない・足りない場合は市販の酢を使って結構です。

その際には、市販の酢500ml使用の場合は食塩を50g混ぜて使用してください。

 

水あめの代わりに砂糖を使っても結構ですが3分の2程度の量にしましょう。



漬込み前の下準備

― 白梅の塩抜き ―

白梅を塩抜きします

梅漬 梅干し 減塩しそ梅 塩抜き 漬物カフェ
②白梅と白梅酢を分けます

梅の塩漬のコーナー作った白梅は、塩度が高いためになかなか味がしみこみません。

 

そこで、たっぷりの水で塩抜きを行います。この工程を脱塩と呼びます。

 

白梅と白梅酢を分けます。

 

白梅酢は別の容器等で保存すれば、様々な料理の味付け等に使用できます。(写真②)


梅漬 梅干し しそ梅 減塩梅 塩抜き 漬け方 漬物カフェ
③たっぷり水を注いで塩抜きします

たっぷりの水で半日程度塩抜きします。

 

1~2時間おきに水を替えれば速く塩抜きができます。(写真③)

 

 

塩抜き中に白梅の味見をして、あまり塩気ないかな?位でちょうどいい塩加減です。

 

なかなか塩分が抜けないと感じた時は、白梅に爪楊枝等で何か所か目立たない程度に穴を開けると塩抜きが速くなります。

 

塩抜きが終わったら、ザル等に上げて水気を切ります。



梅を漬込みます

― 最後の仕上げです ―

調味液と赤紫蘇の塩漬を入れます

梅漬 梅干し 減塩しそ梅  漬物カフェ
④塩抜きした白梅と調味液を用意します

容器に塩抜きした白梅を入れ、最初に作った調味液(★)を注ぎます。(写真④)

 

 

容器の大きさで調味液の量は調整して下さい。


梅漬 梅干し 減塩しそ梅  漬物カフェ
⑤たっぷりの調味液に白梅を漬込みます

塩抜きした白梅を均等に敷き詰めます。(写真⑤)

 

塩抜きした白梅は少し水っぽいので、たっぷりの調味液に漬けて下さい。

 

今回の場合は塩抜きした白梅が500g、調味液が約600mlでした。

 

塩度が低いので、赤紫蘇の色がつくまで冷蔵庫で2~3ヵ月程度保存します。(写真⑥)

 

 

時々上下かき混ぜてください。


梅漬 梅干し 減塩しそ梅  漬物カフェ
⑥2~3ヵ月程度漬けて、色付いたら完成です

 

これでさっぱりしそ梅の完成です!

 

お皿にきれいに盛っていただきましょう!

関連ページ

 

昔ながらのしそ梅  はちみつ梅  かつお梅

 


梅漬 梅干し しそ梅 減塩 漬け方 漬物カフェ
⑧晴れた日に半日~3日程度干しましょう(写真はイメージです)

家事の負担にならなければ、梅雨あけの晴れた日に半日~3日程度

干しましょう。

色が濃ゆくなる場合があるので、日陰で干しても結構です。

 

梅の味が良くなります。(写真はイメージです。)

 

干さなくても美味しくいただけます。