赤紫蘇の塩漬を作りましょう!

― しそ梅の脇役です  ―


赤しそ 赤紫蘇塩漬 漬物カフェ
赤しその塩漬のイメージ写真です

梅漬・梅干しに欠かせない「赤紫蘇の塩漬」をご紹介します。

 

比較的高い塩度で漬けますので、あまり失敗なく漬けられると思います

 

赤紫蘇の塩漬はしそ梅にはもちろんのこと、しば漬や、赤紫蘇の葉のおにぎり等幅広く利用できる漬物です。



「赤紫蘇の塩漬」の下準備

赤紫蘇・赤しそ・赤シソの塩漬 漬物カフェ
①赤紫蘇の葉を採ります

赤紫蘇の準備

赤紫蘇を用意します。葉を丁寧に取ります。(写真①)

 

 

赤紫蘇はすぐに痛むので、手早く処理しましょう。


赤紫蘇・赤しそ・赤シソの塩漬 漬物カフェ
②赤紫蘇の葉をよく水洗いします

 

赤紫蘇の葉に虫等がついている場合がありますので、丁寧に水洗いします。(写真②)


赤紫蘇・赤しそ・赤シソの塩漬 漬物カフェ
③よくかわかします

水洗い後よく乾かします。(写真③)


塩漬 赤紫蘇 赤ジソ 赤シソ 赤しそ 梅干し 漬物カフェ
④白梅の漬け汁を使います

梅の塩漬で出来た白梅の漬け汁を少々取ります。

 

今回は約500ml取りました。

 

この漬け汁を「白梅酢」と呼びます。

 

これで赤紫蘇の塩漬の準備が出来ました。


塩漬 赤紫蘇 赤ジソ 赤シソ 赤しそ 梅干し 漬物カフェ
⑤写真はイメージです

今回は赤紫蘇は300gでした。

白梅酢がない場合は市販の酢を使っても構いません。

赤紫蘇の塩漬で用意していただく物

赤紫蘇           -------------------        300g

(下処理した物)

 

塩               -------------------         60g

                  (赤紫蘇に対し約20%の塩)

 

白梅酢     -------------------          500ml

 

保存用の容器

 

※白梅酢がない場合は、食酢250ml、水250ml、塩100gで代わりの酢を作ります。



赤紫蘇を漬け込みます

― 手もみします ―

赤紫蘇・赤シソ・赤しその塩漬 漬物カフェ
⑥塩の半分の量を振って、塩もみします

塩漬します

まずは下漬けをします。

 

塩を漬けやすいように2つに分けます。

 

 

半分の量の塩(30g)を赤紫蘇にふります。(写真⑥)


赤紫蘇・赤シソ・赤しその塩漬 漬物カフェ
⑦よくもむと、あくが出てきます

 

よく揉むとあくが出てきます。(写真⑦)


赤紫蘇・赤シソ・赤しその塩漬 漬物カフェ
⑧よく絞って、あくを流します

 よく絞ってあくを流します。(写真⑧)


赤紫蘇・赤シソ・赤しその塩漬 漬物カフェ
⑨残りの塩を入れて、さらによく揉みあくを流します

 残りの塩を塩(30g)をふります。(写真⑨)

 

同様によく揉んであくを流します。 


赤紫蘇・赤シソ・赤しその塩漬 漬物カフェ
⑩白梅酢を加えます

よく絞った赤紫蘇に白梅酢を加えます。(写真⑩)

 

※白梅酢がない場合は、食酢250ml、水250ml、塩100gで代わりの酢を作ります。

 


赤紫蘇・赤シソ・赤しその塩漬 漬物カフェ
⑪さらに揉むときれいな紫色に発色します

さらによく揉むときれいな紫色に発色します。(写真⑪)


塩漬 赤紫蘇 赤ジソ 赤シソ 赤しそ 梅干し 漬物カフェ
⑫容器に移して赤紫蘇の塩漬の完成です!

 

容器に移して赤紫蘇の塩漬の完成です。(写真⑫)

 

冷蔵庫等で保存すれば、1年を通して使えます。

 

赤紫蘇の葉のおにぎりや、刻んで炒めてゆかりのふりかけにも応用

できますね。



赤紫蘇の漬物関連リンクページ

昔ながらのしそ梅 漬物カフェ
さっぱりしそ梅 漬物カフェ
かつお梅 漬物カフェ
パリパリしば漬
胡瓜しば漬け 漬物カフェ
茄子しば漬 漬物カフェ

瓜のしば漬 漬物カフェ
らっきょうのしば漬 漬物カフェ
山芋・長芋の浅漬け 漬物カフェ