失敗しない!大根の浅漬

― シャキシャキの歯ごたえです



大根の浅漬で用意していただく物

大根漬 だいこん 浅漬 材料
材料の量はお好みで調整して下さい

大根            -------------------        1本(皮を剥いた重さ約500g)

 

塩              -------------------        25g 

                    (大根に対して5%の塩)

酢                -------------------        30ml(大さじ2杯)

 

塩水     -------------------        200ml

                                                    (水200mlに塩6g溶かす)

 

基本調味液  -------------------        300ml



まずは下漬けをしましょう

― 下漬けは漬物の基本です ―

大根の下漬けをしましょう

大根漬 だいこん浅漬 塩振り 漬物カフェ
大根の上面に多めに塩を振ります

生の大根を水で洗って半分に切って、皮を厚めにむきます。

 

皮をむいた大根を縦半分に切ります。タルに敷き詰めます。

 

隙間が空いたら、大根をさらに小さく切って隙間に埋め込みましょう。

 

塩を振ります。なるべく上の面に多めに振りましょう。

 


大根漬 だいこん 浅漬 塩漬 重石 漬物カフェ
重石をしっかり乗せます

ビニールと蓋をして重石を乗せます。

 

酢と塩水を混ぜます。(◉)

 

蓋とタルのすきまから(◉)を注ぎます。せっかく振った塩が流れないように少しずつ注ぎます。

 

塩水が少ないように見えますが、大根の水分が多いのでちゃんと漬かります。

  

 

写真は分かりやすい様に、透明の容器で漬けています。


大根漬 だいこん塩漬 漬物
翌日漬かって塩水が上がってきます

刻み漬の場合はここで大根を食べやすい大きさカットしてビニール袋等に大根を入れて塩を振り、しばらくしてから塩水を漬かるまで注いで口を閉じます。

 

1日たてば大根の下漬け(塩漬)の出来上がりです。

 

夏場は冷蔵庫で漬けることをお勧めします。

 

塩水が翌日あまり上がってこなくても、基本の調味液で味付

けしますので大丈夫です。



大根の下漬けに味付けをしましょう

― この作業で本格的な漬物になります 

大根の本漬(味付け)です

大根漬 だいこん浅漬 味付け
基本の調味液をたっぷり注いで味付けしましょう

上記で作った大根の下漬けをよく水で洗った後、よく水気を切ります。 

 

丈夫なビニール袋に大根の下漬けを入れて、基本の調味液をひたひたになるまで入れてゴム等で液が漏れないように口を

閉じます。  (★)

刻み漬の場合も同様にします。

 

1日冷蔵庫で寝かせて味付けすれば本格的な大根の浅漬の出来上がりです。

 

きれいに盛り付けましょう。


大根漬 だいこん浅漬 完成 盛り付け 漬物カフェ
ゆず皮などといっしょに漬けてアクセントをつけましょう

軽く洗って、食べやすい大きさに切って盛り付ければ、本格的な大根の浅漬の完成です。

 

拍子切りに切っても美しく仕上がりますよ!

 

(★)の工程で酢・砂糖を多めに入れゆず皮やレモン等をいっしょに入れるとゆず大根漬やレモン大根漬が簡単に出来ます。